校長挨拶

  生徒指標
   「剛健進取」「友愛求真」
   「自主独立」「社会有為」
 
   北海道中標津高等学校長

          相 澤 英 樹

 

本校のホームページへお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

 

 本校は、昭和23年(1948年)に中標津村立中標津高等学校(普通科)として創立、昭和24年に道立移管され、昨年度、創立70周年記念式典を終えた歴史と伝統ある高校(通称N高)です。卒業生は、16,500名を数え、町内はもとより全道、全国各地で活躍をしています。

 特色ある教育活動では、国公立大学への進学から地元優良企業への就職など、多様な進路希望が実現できる教育実践と、全国大会へ出場実績がある部活動(ラグビー部・野球部等)が複数活動しています。

 

本校の生徒指標には、

 「剛健進取」開拓の精神を受け、粘り強くそして、進んで新しいものに取り組む。

 「友愛求真」親、兄弟、友人に対する親愛の情を持ち、本物の美しい心を求める。

 「自主独立」公正な判断力と責任ある行動を持って、自ら律する人間になる。

 「社会有為」自己の特性を発揮し、社会に必要とされる人になる。

 という意味が込められています。

生徒指標を踏まえ、生徒一人ひとりが文武両道を実践し、生き生きと学校生活を送っています。

 

2019年度からは、育成する生徒像を

「主体的に行動し、自らの未来を切り拓くことができる生徒」と設定しました。

教職員一丸となり、「地域に信頼される学校づくり」を更に推し進めてまいりますので、今後とも保護者の皆様、地域の皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

 このホームページは、本校の教育活動についてご紹介するとともに、本校教育の意志をお伝えできるよう努めて行きますので、ご覧いただきご意見・ご要望をお寄せいただければ幸いです。

2019年4月1日更新